花とネット動画大好き❗️ kazutatanの雑記ブログ

花と映画.漫画.アニメが大好き! (いいな❗️)を思いのままに書いてます。

映画『キングダム』視聴2回目でも感動❗️

《もう映画『キングダム』をご覧になりましたか?》

『キングダム』は、集英社週刊ヤングジャンプ」で2006年から連載中の原泰久先生原作の漫画で、実写版の映画『キングダム』は2019年4月19日に公開されました。

 

現在、原作漫画のコミックスは54巻発行されています。

『キングダム』には、紀元前3世紀の中国の戦国時代を舞台に、実在の人物をモデルにしてキャラクターが描かれています。

その漫画『キングダム』の大ファンの私は、公開して早々に実写版『キングダム』を観にいきました。


f:id:kazutatan:20190618233506j:image

 

 《イメージを裏切らないキャラクターの完成度に感動❗️》

もちろん漫画の大ファンの私ですから、すでに登場するキャラクターのイメージが出来上がっています。

ですから実写版『キングダム』の映画を観る事により、キャラクターのイメージが崩れてしまうのではと、実は不安でした。

しかし大ファンゆえに、映画『キングダム』が公開されたのに観ないなどという選択肢は私にはありません!

公開してすぐなので評判はまだ耳に入ってなく、不安と期待、ワクワクとドキドキの気持ちで席につきました。

 

結論から言います!

期待以上、想像以上でした‼︎

たいへん素晴らしかった。

私のイメージ通りのキャラクター達で、1人として違和感を感させる俳優はいませんでした。

そして、スピード感にあふれるストーリー展開。

中国の戦国時代を感じさせる風景や空気感のスケールの壮大さ。

 

数々の漫画を原作とした実写版映画が制作されてきましたが、この映画『キングダム』は過去最高と言えると思いました。

 

それは現在の技術的進歩があるからだろうと?

もちろん、それもあるでしょう。

ですから、映画を作って下さった技術部門の方々に感謝します‼️

 

しかし、全ての分野で丁寧に丁寧に作り上げられたからこその完成度だと思います。

映画が終わった後のエンドロールを、「どうもありがとうございます。」と俳優・スタッフの全ての人々に感謝しながら眺める事ができました。

 

と、ここまでが『キングダム』を初回で観た感想です。

 

やっぱり、《もう1回観たい❗️》

 

初回の実写版『キングダム』の視聴から約2ヶ月がたちました。

映画館で公開されているうちに、もう一回、大画面で観たい!

と思い映画館へ行ってきました。

 

一度観ているので、実はどんなもんだろうと?と思いましたが、感動再びでした❗️

 

kingdom-the-movie.jp

 

信の(山崎賢人さん)、ありがとう!

政と漂の(吉沢亮さん)、ありがとう!

美しい楊端和の(長澤まさみさん)、ありがとう!

見事に仕上げてくれた王騎の(大沢たかおさん)、ありがとう!

他にも俳優の皆さん、本当に本当にお見事でした!

 

そして、なにより監督の佐藤信介氏と、脚本にも参加されたという原作者の原泰久氏にも、やはり2回目も大感謝‼️

どうもありがとうございます‼️  

 

ということで、

 

原作を知っている人はもちろん、知らない人も楽しめる映画だと思いますので、私は自信を持って映画『キングダム』を改めてお薦めいたします。

『明治神宮御苑』の花菖蒲田

《6月下旬まで楽しめる明治神宮の花菖蒲》

明治神宮御苑の花菖蒲のポスター〉が駅構内に掲示されていました。

明治神宮は四季を通じて自然を楽しめるが、この花菖蒲田はまた格別です。

  

www.meijijingu.or.jp


f:id:kazutatan:20190617204409j:image

 

ということで、小田急線の参宮橋駅から『明治神宮』へ行ってきました❗️

 

《意外と参宮橋駅は面白い》

参宮橋駅は「国立オリンピック記念青少年総合センター」の最寄駅になっているので、ホームには旅行バッグを持った外国人の姿が多く見られます。

そして、「劇団四季」の代々木アトリエもあるので、いかにもミュージカル俳優関係者って感じの立ち姿のオシャレな人達もいらっしゃり、ちょっとした人間ウォッチも楽しめます。


f:id:kazutatan:20190617204502j:image

 

参宮橋から西参道へ。

鳥居の前で一礼してからおじゃまします。


f:id:kazutatan:20190617204522j:image

 

カラスが頭上で鳴いていて、カラスに注意という看板もあるので、ちょっと緊張します。

でも、大きな木々の下を歩くのは厳かな気持ちになり、ここが都会の中とは思えません。

 

《広い空を見上げてリフレッシュ!》

しばらく歩くと宝物殿の前に開ける広場が清々しい。

新宿方面が見渡せます。

木陰の芝生の上では、のんびりとシートを広げて様々に楽しんでいる人達がいます。

 
f:id:kazutatan:20190617204608j:image

 

都会で広い空を見上げられる場所は本当に貴重です。

今日は青空と爽やかな雲とのコントラストが見事で美しい!

広い青空を眺めると解放感があり、心からリフレッシュできます。


f:id:kazutatan:20190617205237j:image

 

明治神宮御苑の美しさは特別です。》

 御社殿で参拝した後、御苑北門から『明治神宮御苑』の入り口で〈御苑維持協力金〉の500円を納めて苑内に入ります。

平日ですが、バードウォッチングのグループが大きなカメラを持って談笑していたり、カップル、ご家族、そして外国人観光客が苑内にたくさん来ていて、それぞれ、気に入った場所で景色を堪能しています。

 

大きな南池は広さが8,300㎡もある自然豊かな池で、今は華やかなスイレンが盛りで美しいです。

この池には「青い宝石」といわれる〈カワセミ〉も生息しています。

他にも色々な野鳥や動物や昆虫などが訪れます。

今は、何種類ものトンボが池の上を舞い飛んでいました。


f:id:kazutatan:20190617204747j:image

 

 《今が盛りの花菖蒲が素晴らしい》

本当に素晴らしい景色でした‼️

見頃の花菖蒲が深い自然の中に現れて魅了します。

菖蒲田の中には、花殻を取り除いている植木職人さんが二人いて、この美しい景色を作って下さっていました。

そのおかげで、この美しさが保たれているのだと実感できます。

そして、天気に恵まれて、この美しさを観ることができ本当に良かったです。

f:id:kazutatan:20190617235610j:image

 


f:id:kazutatan:20190617205301j:image

 

加藤清正の掘ったと言われている『清正井』》

さすがに平日のせいか今日は並ぶ列が短く、絶え間なく湧き出る清正井の前に1人ずつでも下りる事ができました。

いつものことですが、ここは特別な空気が流れているようで、この清らかな清水を見ているだけで、心まで洗われる気持ちになります。

ここから下流に花菖蒲田が作られているので、花菖蒲の美しさも別格なのかもしれません。


f:id:kazutatan:20190617204941j:image

 

《東門へ行く途中、こんな近くで白鷺ウォッチング》

明治神宮御苑の入り口は「北門」と「東門」があります。

御苑の中をくまなく堪能するのなら、是非とも両方の門を利用してください。

私は今日、参宮橋駅から来たので北門から入りましたので、帰りは東門からお暇させていただきました。

途中、南池の外れの方の水路に白鷺がいました。

わりと大きいサギですが、これは〈チュウサギ〉でしょうか?

ゆったりとした歩調で、どうどうと歩いていました。

こんなに近いと、長い間観ていても飽きません。


f:id:kazutatan:20190617205042j:image

 

《文化館はいろいろあって面白い》

明治神宮御苑の東門を出ると、すぐ前がレストランや参拝記念のお土産が売っている〈文化館〉があります。

いろいろ面白いものが売っているので、見るだけでも楽しいです。

外国人観光客向けだろうなって思う服やグッズの数々。

お菓子やオモチャも独特なものが並んでいたりします。

そして、売店では飲み物やアイスクリームや軽食が楽しめますので、室内でもカフェテラスでも、ここでゆっくりと一休みできます。

 

《原宿口の近くから林道を散策》

明治神宮の中には、参道の他に車道になっている林道が何ヶ所もあります。

また、これが素晴らしいのです‼️

立ち入り禁止の区域もたくさんありますが、豊かな自然の中をゆっくりと散策できるのです。

 

今回は原宿口の近くから林道に入り、宝物殿の前の広場まで散策しました。

木々の間からの木洩れ陽が美しいなか、鳥の声に耳を傾け、天を仰ぎ深緑を楽しみ、足元近くの植物を眺めて、明治神宮の森を堪能してきました。


f:id:kazutatan:20190617205105j:image

 

是非是非、この時期の明治神宮を訪れてみてください。

実写版『アラジン』の主役は誰? 字幕版?吹替版?を考える。

もう『アラジン』をご覧になりました?

とても評判が良いようです。 

 

f:id:kazutatan:20190613030252j:image

 

私は公開してすぐに、字幕版で観てきました。

とてもゴージャスで迫力もあり、大いに楽しめました。

さすがディズニーだなと心から感心しています。

 

《主役は誰? 》

ところで、『アラジン』の主役は誰なんでしょう?

映画館のポスターの写真のタイトル『アラジン』の上には「ウィル・スミス」と書いてあります。

そう、確かに「ウィル・スミス」のジーニーが存在感もあり主役だったと言えそうです。

歌も味があり上手かったし、もちろん演技も申し分ありません。

CGの作りもお見事で、「ウィル・スミス」のジーニーが主役だと感じました。

 

しかし映画を観終わって、私が一番印象に残っているのは、実は「ウィル・スミス」の〈ジーニー〉ではなく、「ナオミ・スコット」という女優の〈ジャスミン〉でした。

歌声が素晴らしく、そして、歌が心に響きます。

表情豊かで、演技も素晴らしく、本当に魅力的!

今までのプリンセス像を一新させる強さがあり、本当に感動させられ、私は、すっかり虜になりました。

 

という事で、私としましては勝手ながら、実写版『アラジン』の主役は、ジャスミン役の「ナオミ・スコット」だった、とさせていただきます❗️

 

《字幕?吹替え?どっちで観る?》

もしかしたら、実写版『アラジン』を字幕で観ようか、吹替えで観ようか、悩んだ人が多かったのではないでしょうか?

 

もちろん、お子さんと一緒にご覧になる人は迷わずに吹替えでしょう。

吹替えで声優をした中村倫也ファンの人は、間違いなく吹替えで観るでしょう。

あと、字幕を読むのは面倒くさい、画面に集中したいという人も吹替えを選ぶかもしれません。

映画は、オリジナルが一番さという人は迷わずに字幕を観ますよね。

どちらを選んでも、その良さがありますので『アラジン』を楽しめると思いますが、やはり、字幕で観るか、吹替えで観るかは大きな問題でもあります。

 

 

さて、ここからは、違ったポイントで迷う人達がいたのでは?というお話です。 

 《アニメ版『アラジン』が大好きだったから》

アニメ版『アラジン』が公開されたのは1993年です。

この頃に子供だった人達、そして、その後テレビで放映された『アラジン』を観ていた人達、また、ビデオで『アラジン』をよく観ていた人達は、ディズニー作品の中でも『アラジン』が特に大好きって人が多くいます。

 

アニメ版『アラジン』に出てくるキャラクターです。

それは、アラジン、ジャスミンジーニー、ジャファー、スルタン(王様)、アブー(猿)、イアーゴ(オウム)、ラジャー(トラ)、魔法の絨毯 など。

どのキャラクターもアニメーションの自由な表現方法により、生き生きと動き、表情豊かで魅力的です。

そして、場面場面で存在感を示していました。

 

そして、なによりもアニメ版『アラジン』を『アラジン』として確立していたのが、吹替え版のジーニーの声優・山寺宏一だったと思います。

軽妙な語り、歌も楽しい、シットリとした語り口も絶妙。

『アラジン』と言えば「山ちゃん」のジーニーが当たり前の人達。

「山ちゃん」でなければジーニーじゃない!

アニメ版『アラジン』の世界観は、山寺宏一ジーニーが作り出していたと言っても過言ではないと思っている人達がいるのです。

 

その「山ちゃん」が今回もまた実写版でジーニーを演じてくれているわけです。

 

年齢的には大人で、子供の頃と違い字幕版でも実写版『アラジン』を鑑賞できる。

でも、身に染み込んだ「山ちゃん」のジーニーが、また実写版で観られるかもしれないのです。

 

ほんと、どちらで観るか悩みますよねぇ❗️

 

そんな人は、字幕版と吹替え版の両方観るのが一番ですよね。

でも、それはチョッとねぇ〜。という人は、

 

《オリジナル・サウンドトラックを聴き比べてみましょう!》

amazon musicで、早くも実写版『アラジン』の〈オリジナル・サウンドトラック〉が配信されています。

オリジナルの「ウィル・スミス」のジーニーと、 吹替えの「山寺宏一」のジーニー。

「メナ・マスード」のアラジンと、「中村倫也」のアラジン。

「ナオミ・スコット」のジャスミンと、「木下晴香」のジャスミン

 

これらを聴き比べて、字幕か吹替えかを選んでも良いかもしれません❗️

 

ちなみに、どの歌もとても素敵です‼️

『萬画家・石ノ森章太郎展』が〈世田谷文学館〉で開催中❗️

今回の「いいな!」は、世界一多作なマンガ家『石ノ森章太郎展』の話です。

 

萬画家・石ノ森章太郎展  ボクは、ダビンチになりたかった』という展覧会が〈世田谷文学館〉で2019年4月20日[土]〜6月30日[日]まで開催されているのをご存知でしょうか?

https://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html


f:id:kazutatan:20190603212934j:image

 

世田谷文学館の最寄り駅は京王線芦花公園駅で、徒歩5分ほどで行くことができ、素敵な趣きのある庭も楽しめます。


f:id:kazutatan:20190603213040j:image

 

この展覧会は、3つの章で構成されていて、どの章も懐かしく貴重な原稿がたくさんみられます。

 

  • 第1章  ヒーローズコレクション  (仮面ライダー) 特撮作品原作者として

        

展覧会の入り口に入って最初に展示されているのが、なんと、1971年に講談社「週刊ぼくらマガジン」で発表された『仮面ライダー連載第1話原稿』の原画です‼️

第1話が全て原画で読むことができるなんて、本当に夢のようでした。

そして原画の線の、美しさと迫力と繊細さ。

コマ割りの大胆さと緻密な計画性。

ストーリーの意外性や展開、テンポの良さ。

ただただ圧倒されました。

 

次に複製原画の『仮面ライダー』原稿の名場面集や設定資料や『人造人間キカイダー』原稿の名場面集が続きます。

ちなみに、『人造人間キカイダー』は1972年に小学館週刊少年サンデー」で発表された作品です。

これらも全て、本当に溜め息モノの作品ばかりです。

 

第1章の展示スペースの一番奥には『時ヲすべる スタジオゼロ1963』という動画を観ることができます。

この動画は、石ノ森章太郎鈴木伸一らと25歳で、アニメーション制作会社「スタジオゼロ」を設立した当時の事が描かれていて、マンガの神様・手塚治虫赤塚不二夫藤子不二雄つのだじろうなども出てきて、とても興味深い作品です。

 

 

第2章の展示は、一番スペースも広く、作品も多く展示されています。

サイボーグ009」は1964年、石ノ森章太郎が26歳の時から連載が開始されました。

テレビアニメにもなり、主題歌は評判になりました。

第2章には、001・002・003・004・005・006・007・008・009の名言などがパネルで展示されていて、それぞれの人柄や背景などを思い出しジーンとさせられます。

 

また、『石ノ森章太郎のファンタジーJUN』の原画も数多く展示されていて、その世界観と美しさにワクワクします。

 

 

第3章の展示は、石ノ森章太郎の書籍や、「世界一多作なマンガ家」と言われる由来となる数々の作品の複製原画などが並びます。

そして、晩年に郷里への貢献活動、教育に関する活動などの展示物もあります。

 

まとめ

 

数々の作品を残したマンガ家石ノ森章太郎(1939年〜1998年)の展覧会が6月30日まで世田谷文学館で開催され、貴重な原画や複製原画が展示され見る事ができます。

「ヒーローモノ」のファン、「サイボーグ009」のファン、「佐武と市捕物控」や「HOTEL」のファン、その他いろいろな石ノ森章太郎作品のファンはもちろん、漫画好きな人には、是非、石ノ森章太郎が私達に残してくれた作品の原画の美しさを見て頂きたいです‼️

 

NHK〈みんなのうた 〉『超変身!ミネラルフォーマーズ』の作詞に感動‼️

今回は、NHKみんなのうた〉の中から、《いいな❗️》です。

 

昔から〈みんなのうた〉は好きで、お気に入りの作品はたくさんありました。

特に思い出のある〈みんなのうた〉の作品もたくさんありますが、最近、「なるほどなぁ、凄いなぁ!」感心した歌があったのでご紹介します。

それは、『超変身!ミネラルファーマーズ』という歌で、戦隊モノの主題歌のような作品です。

 

歌っているのは、鬼龍院翔 Fromゴールデンボンバー

明るく伸びやかな鬼龍院翔さんの歌声は戦隊モノの歌にピッタリで、歌詞がストレートに耳にとどくおかげで、歌詞の内容と発想の良さが響きます。

 

トランスフォーマー」という漫画・アニメ・映画がありますが、あれは地球外生命体のロボットが車などに変形する話ですよね。

この『超変身!ミネラルフォーマーズ』は、いろいろな鉱物(カルサイト・赤鉄鉱・スファレライト・石英グラファイトなど)が変身してコンクリートや鉄やガラスやメッキや鉛筆の芯などになるという内容の理系の歌なのです。

トランスフォーマー」と「ミネラルファーマーズ」

この名前の発想も洒落てて、なんともお見事だと思います。

 

ちなみに、この歌のアニメーションは、本物の鉱物の写真がキャラクターの戦士の顔になっていて、こんな綺麗な鉱物が自分のまわりにあるモノの素材なのかと改めて認識させられるし、勉強になります。

 

この感動モノの『超変身!ミネラルファーマーズ』を作ったのは作詞の桑原永江さん。

私は存じ上げませんでしたが、調べたら物凄い(作詞家・コピーライター)さんでした。

桑原永江さんのHPには作詞された、こどものうた・アニメ・特撮ソング・J−ポップ・合唱曲のリストがズラズラズラーーーっと並んでいて、私が知っている歌もズラズラとたくさんありました。

 

身の周りのモノの素材となる鉱物を題材にして歌を作るというのが凄いけど、「大地から生まれ 地球のために つくして つくすけど ときどき頑固がたまにキズ 」や「この世の暮らしの隅々で 毎日お役たち 」とか「オー プリーズ!見つけてごらん!」のフレーズは妙に心に沁みます。

もしも子供の頃に、この歌とアニメーションに接する機会があれば、モノの見方も少し変わり、ひょっとしたら理系女子になっていたかもと、思ったりします。

 

とにかく、桑原永江さん、天才的‼️

とっても感心したので、私はすっかりファンになりました。

 

 

www.nhk.or.jp」

 

プライムビデオ『帝王の娘 スベクヒャン』が面白い❗️

韓国ドラマはお好きですか?

「韓国ドラマは見たことない。」「今まで韓国ドラマには縁がない」という人に是非ともお勧めしたいのが〈プライムビデオ〉の時代劇『帝王の娘 スベクヒャン』です。

 

実は、私も韓国ドラマには縁がなく、韓国ドラマといえば、昔の「冬のソナタ」のイメージぐらいしかありませんでした。

 

ところが先日、仕事が休みの日に(BSテレ東)で放送されていた『帝王の娘 スベクヒャン』を途中から偶然観てしまいました。

途中からなので、それがドラマの初めの頃なのか終盤なのかも分からずでしたが、その10分ほどが、なんだか妙に面白い。

いや、妙になんて話ではなく、次回が気になって気になってしかたがないほど面白いんです。

そこで、〈プライムビデオ〉の中にないか検索したら、なんと、ありました‼️

エピソードは(108話)ですが、1話は約30分です。

ちょっとお試しの約30分なら、割と気楽に観る事ができると思いました。

 

番組の紹介ページで、ストーリーは三国時代百済の第24代王 東城(トンソン)王の治世末期からの話だということも分かりました。

そして、このドラマの登場人物と歴史を照らし合わせると、百済から仏教が日本に伝来している頃(という説がある)という事も分かりました。

 

そこで、先が気になった続きからではなく、第1話から観てみる事にしました。

 

第1話、強烈な導入です!

静かに蘭に水が注がれる場面が大きく映し出されるところから始まります。

目に力のある女性のアップ。

蘭の葉のアップ。

女性が世話をしながら独り言を言っている。

ゆっくりと蘭と女性とに何度か焦点が変わるうち、もう一人の清楚な女性が戦士のような服を着て蘭の後ろに映し出される。

今まで映っていなかった目に力のある女性の頬に血がついていた。

清楚な女性は剣を持ち、その剣にはベッタリと付いた血。

部屋に倒れる顔が見えない男性からは血が流れている。

初めは静かに、そして激しく言い争う目に力のある妹と、清楚な感じの姉。

最後は、姉が「オムニ!オムニ!」(おかあさん!おかあさん!)と叫ぶ。

 

ここまでが4分30秒。

そして場面は自然な流れで、姉妹の母親の娘時代へと移る。

 

この4分30秒が、本当に見事なんです‼️

ここまでだけでも一見の価値があります。

カメラアングル、演出、演技、謎が謎を呼ぶ展開。 

いったい、何が起こっているのか、倒れている男性は誰なのか?

生きているのか死んでいるのか?

 

1話が終わった時には、すぐに続きを観たくなる。

そして、また終わると、すぐに次が観たくなる!

 

このドラマの主人公は清楚な感じの姉の方ですが、明るくて一生懸命で可愛いんです。

主人公のまわりの登場人物もユーモアがあって面白い。

憎まれ役の人物も、心からは憎めない。

全体的にどの回も、救いの無いドロドロとした話ではなく、観ていて少し元気になるような話に仕上がっている感じがしました。

そして、次が気になる作り方。

 

結局、まんまと作り手の策にハマったということなんでしょうが、この韓国ドラマは本当に面白かった。

是非是非、お勧めです‼️