花とネット動画大好き❗️ kazutatanの雑記ブログ

花と映画.漫画.アニメが大好き、プライムビデオに夢中! 思いのままに書いてます。

プライムビデオ『帝王の娘 スベクヒャン』が面白い❗️

韓国ドラマはお好きですか?

「韓国ドラマは見たことない。」「今まで韓国ドラマには縁がない」という人に是非ともお勧めしたいのが〈プライムビデオ〉の時代劇『帝王の娘 スベクヒャン』です。

 

実は、私も韓国ドラマには縁がなく、韓国ドラマといえば、昔の「冬のソナタ」のイメージぐらいしかありませんでした。

 

ところが先日、仕事が休みの日に(BSテレ東)で放送されていた『帝王の娘 スベクヒャン』を途中から偶然観てしまいました。

途中からなので、それがドラマの初めの頃なのか終盤なのかも分からずでしたが、その10分ほどが、なんだか妙に面白い。

いや、妙になんて話ではなく、次回が気になって気になってしかたがないほど面白いんです。

そこで、〈プライムビデオ〉の中にないか検索したら、なんと、ありました‼️

エピソードは(108話)ですが、1話は約30分です。

ちょっとお試しの約30分なら、割と気楽に観る事ができると思いました。

 

番組の紹介ページで、ストーリーは三国時代百済の第24代王 東城(トンソン)王の治世末期からの話だということも分かりました。

そして、このドラマの登場人物と歴史を照らし合わせると、百済から仏教が日本に伝来している頃(という説がある)という事も分かりました。

 

そこで、先が気になった続きからではなく、第1話から観てみる事にしました。

 

第1話、強烈な導入です!

静かに蘭に水が注がれる場面が大きく映し出されるところから始まります。

目に力のある女性のアップ。

蘭の葉のアップ。

女性が世話をしながら独り言を言っている。

ゆっくりと蘭と女性とに何度か焦点が変わるうち、もう一人の清楚な女性が戦士のような服を着て蘭の後ろに映し出される。

今まで映っていなかった目に力のある女性の頬に血がついていた。

清楚な女性は剣を持ち、その剣にはベッタリと付いた血。

部屋に倒れる顔が見えない男性からは血が流れている。

初めは静かに、そして激しく言い争う目に力のある妹と、清楚な感じの姉。

最後は、姉が「オムニ!オムニ!」(おかあさん!おかあさん!)と叫ぶ。

 

ここまでが4分30秒。

そして場面は自然な流れで、姉妹の母親の娘時代へと移る。

 

この4分30秒が、本当に見事なんです‼️

ここまでだけでも一見の価値があります。

カメラアングル、演出、演技、謎が謎を呼ぶ展開。 

いったい、何が起こっているのか、倒れている男性は誰なのか?

生きているのか死んでいるのか?

 

1話が終わった時には、すぐに続きを観たくなる。

そして、また終わると、すぐに次が観たくなる!

 

このドラマの主人公は清楚な感じの姉の方ですが、明るくて一生懸命で可愛いんです。

主人公のまわりの登場人物もユーモアがあって面白い。

憎まれ役の人物も、心からは憎めない。

全体的にどの回も、救いの無いドロドロとした話ではなく、観ていて少し元気になるような話に仕上がっている感じがしました。

そして、次が気になる作り方。

 

結局、まんまと作り手の策にハマったということなんでしょうが、この韓国ドラマは本当に面白かった。

是非是非、お勧めです‼️

Eテレ『デザインあ』というテレビ番組、知ってますか?

私はEテレを観るのも好きで、番組制作の人達を心から尊敬している番組がいくつもあります。

 

その中の一つがEテレの『デザインあ』という15分の番組で、他に『デザインあ 5分版』があります。

デザインあ』の放送時間は(毎週土曜 午前7:00〜7:15 )と(毎週金曜 午後10:45〜11:00)

デザインあ 5分版』の放送時間は(月曜〜金曜 午前7:25〜7:30)と(木曜 午後5:45〜5:45)

 

番組のコンセプトは、〈こどもたちの未来をハッピーにする「デザイン的思考」をはぐくむ〉です。

 

NHKの『デザインあ』の紹介ホームページには

デザインには、工業デザイン、グラフィックデザイン、服飾デザイン、建築デザイン、照明デザインなど、様々な分野があります。

それらすべてのデザインは、物事の本質をしっかり見出し、そこに工夫を加えることで、さらなる使いやすさ、美しさ、心地よさを実現することを目的としています。

つまりデザインとは、人とモノ、人と人との関係を「より良くつなげる」ための観察・思索・知恵・行動のプロセスです。

デザインあ」は、私たちの身の回りに当たり前に存在しているモノをこうした「デザイン」の視点から徹底的に見つめ直し、斬新な映像手法と音楽で表現。

こどもたちに「デザインの面白さ」を伝え、「デザイン的な視点と感性」を育む一歩となることをめざしています。

 

と書いてあります。

 

この《「デザイン」の視点から徹底的》 という事と、《斬新な映像手法と音楽で表現》という事、そして私はそれに〈語りの絶妙さ〉と〈息をつめるような無音の場面〉をプラスして、番組を観ていて、時に鳥肌が立つほど感情が揺さぶられるのです。

 

NHKのホームページの『デザインあ』の紹介ページには、番組紹介ムービーの「デザインの観察」「解散!」「クラッチ」「デザインの人」「うごきのデザイン」「SHOOT&EDIT」「思ってたんとちがう」があり、それらを観れば、『デザインあ』の番組の素晴らしさが分かります。

 

そして、同じページには過去の放送分も紹介されていて、私は時間があるときに少しずつ観て楽しんでいます。

 

また、ありがたい事に、You Tubeで『デザインあ』のPR動画を見る事もできますし、『デザインあ』のDVDも出ています。

 

 

これからの子供達は、クリエイティブな感性を身につけないと生きていけない時代になっています。

この番組は、それらの感性を育てる事にピッタリの良質な番組です。

是非ともこの番組に触れていただきたい。

もちろん、子供だけではなく大人もご覧になって楽しんでいただきたい。

 

最後になりましたが、昨年『デザインあ展』が都内で開催されました。(私は、もちろん行きました!)f:id:kazutatan:20190514204006j:image

残念ながら都内のは終わってますが、現在、2019年4月13日(土)〜6月9日(日)まで山梨県立美術館で『デザインあ展』が開催されています。

デザインあ展

その後、2019年7月から熊本現代美術館でも開催予定だそうです。

 

迫力のある展示で、展覧会を観てから一層、番組を見るのが楽しみになりました。

是非、機会がありましたら、『デザインあ展」にも足を運んでみてください。

映画『名探偵ピカチュウ』、なんだかんだ言って面白かった!

先日、私が大好きな原作アニメ実写化の『キングダム』を観に行き映画が始まるのをワクワクしながら待っていた際、突然予告なしに画面に現れた『名探偵ピカチュウ』の予告編映像❗️

 

なんじゃこりゃ⁉️

ちょっとやめてよ〜❗️

ピカチュウの愛らしいイメージが壊れる〜!と私の脳内は衝撃の嵐。

 

だって、ピカチュウは「ピッカピカ〜。ピカピカ〜。」とか言って、健気に可愛く活躍するキャラですよね。

それが、薄汚れた体で眉根を寄せてカメラ目線で威嚇しながらオッサンの声を出している!

もう衝撃というより恐怖で、「この映画はぜったいに観ないわ!」「ぜったいに、ありえないわ!」と強く思いました。

 

しかし時間とともに、怖いもの見たさの感情がムクムク。

で、行ってきました。観に行きました!

f:id:kazutatan:20190512113149j:image

 

結論からいいます。

面白かった!楽しめました‼️

映画に登場するポケモンが全て実際にいるようで、とにかく見事なんです!

 

アニメーションや漫画やイラストなどでは表せなかったポケモンのフワフワの毛並みやツルツルやカチカチの皮膚の質感のリアル。本当はこういうものだったのか!と思う。

実際にポケモンに向けてモンスターボールを投げる感じのリアル。ボールにポケモンが収まるかどうか待つ時間ってドキドキだよね!と思う。

ポケモンが進化する時って、本当に綺麗だなぁと感心する。

フシギダネが、コダックが、ベロリンガが、リザードンが、ピジョンが、ガーディが、バリヤードが、いろいろなポケモンが登場するたびに、いちいち「フフフっ」って笑みがでてしまう。

私が今まで認識しているポケモンの全てのイメージを裏切らないフォルムと動きと性格で、想像以上に違和感がなく本当に楽しかったです。

実生活に普通にポケモンが存在し人間と共存している世界が、本当にどこかにありそうで、CGを駆使して作り上げられた映画だと分かっているのに、とてもワクワクさせられました。

 

そして、映画館には圧倒的に小さな子供を連れた家族連れが多かったけど、この映画は小さな子供向けではなく、大人向けの作品だと思いました。

私の前の席にも小さな子供達が並んでましたが、ストーリー部分で飽きてしまっている様子でした。

今、「Pokémon GO」で『名探偵ピカチュウ』とコラボしたイベントが始まってますが、まさに「Pokémon Go」のファン層が大喜びする映画ですね。

 

最後になりましたが、『キングダム』の予告編で「ちょっとやめてよ〜!」と思った主人公のピカチュウですが、相棒の青年とだけ言葉を交わす事ができるという設定の〈立派な演技者・俳優〉でした!

映画の見始めの最初は「可愛くな〜い」と違和感があったのですが、映画を観終わる最後には、愛らしくて可愛くて頼もしくて、私もピカチュウの相棒が欲しくなりました!

 

まだ『名探偵ピカチュウ』をご覧になっていないポケモンをご存知の方々。

是非、映画館の大画面でご覧あれ‼️

プライムビデオ〈アニメ〉『ボールルームへようこそ』が面白い!

この『ボールルームへようこそ』は2007年に配信された全24話で完結するアニメ作品です。

 

原作は「月間少年マガジン」(講談社)にて、2011年12月号より連載された社交ダンスをテーマにした作品で、作者は竹内友先生です。

しかし、社交ダンスと言っても競技ダンスが題材になっていますので、優雅なダンスのアニメ作品というより熱血スポ根アニメ作品と言えるかもしれません。

 

ところで、「ボールルーム」という言葉をご存知ですか?

ボールルーム(ballroom)のBallはラテン語由来の言葉で「踊る」とう意味があり、それにroomが付いて「舞踏室」という意味になるそうです。

実は、このアニメを観るまで私は「ボールルーム」という言葉を知りませんでした。

ですから、プライムビデオのホーム画面でお勧め作品として『ボールルームへようこそ』が紹介されていても、なかなか観る気にならず放置していました。

 

ところが、ある時、ふと1話目を視聴。。。

ほんの何気なくって感じの視聴だったのに、もう一気に《どハマり》してしまいました‼️

 

プライムビデオの作品詳細。

何をすればよいか分からない平凡な中学生・富士田多々良はある出来事がきっかけに社交ダンスの魅力に引き込まれていく。「何か一つでいい、好きだと言えるものがあれば」今の自分から変わるため、多々良は社交ダンスの世界へ飛び込む。多々良の成長を圧倒的な「熱量」で描く、唯一無二の「青春」ダンスアニメ、ここに開演!!

 

この作品詳細に書いてあるように、圧倒的な「熱量」、唯一無二の「青春」。

まさに「熱量」が凄まじく圧倒されてしまいます。

それは、ダンスシーンのスピード感と躍動感に満ちた場面展開や、社交ダンスのドレスを利用した表現方法などでダンサーの表情や身体の動きを美しくみせる秀逸な演出で表しているのだと思います。

 

そして、これらのアニメーションを支えているのが音楽です。

オープニングテーマもエンディングテーマもテンポよく前向きで、作品の中で流れるBGMも心地良く、ダンスシーンのダンス音楽もとても良かったです。

 

私は、この作品を通して、何かに熱中することの素晴らしさを改めて学んだ気がします。

この作品に出会えて良かった‼️

 

もしかすると「映画は観るけど、アニメはちょっとねぇ」なんて思っている人がいらっしゃるかもしれませんが、そんな人に是非ともお勧めしたい!

この『ボールルームへようこそ』は、「青春」真っ盛りの人より(真っ盛りの人も是非どうぞ)、ちょっと「青春」から遠のいてしまったような人や、ワクワクすることが少なくなった人に観ていただきたい作品です。

きっと心の中に何かしらの火が灯る事でしょう❗️


プライムビデオ『イヌ その秘められた力』(吹替版)が素晴らしい!

私のお勧めの〈プライムビデオ〉で、一番初めにご紹介したいのが『イヌ その秘められた力』(吹替版)です。

 

プライムビデオのホーム画面には様々な作品が華やかに並んでいます。

映画もTV番組もアニメも、どれもこれも魅力的で、次はどの作品を観ようかと悩ましいですよね。

ですから、ついつい本屋の平積みに目がいき、その中から本を選びがちになるのと同じようにホーム画面の中から次に観る作品候補を選んでしまう。

そうなると、案外、「ドキュメンタリー」の中の作品のチェックは忘れがちになっていませんか?

 

私の一番初めにお勧めする『イヌ その秘められた力』(吹替版)は、プライム映画のジャンル一覧の「ドキュメンタリー」の中にあります。

 

『イヌ その秘められた力』は2013年11月16日にNHKで放送された44分間の作品ですが、監督はアリス・キーンズ=サパーという人です。

作品の詳細には、このように書いてあります。

聴力は人間の4倍、嗅覚は60倍あると言われ、介助犬や牧羊犬として人間社会でも様々な役割を担ってきたイヌ。世界には400を超える種類がいると言われている。最近の研究では、がん細胞を匂いで嗅ぎ分けるとされ、人を癒す力もあると科学的に証明されつつある。厳しい訓練を経て盲導犬として成長している様子や、イヌに助けられた人々の感動のストーリーを紹介し、イヌの不思議な力を紐解いていく。

 

最初に私の心を鷲掴みにしたのは、高画質のカメラで撮影されたイヌの動きがスローモーションで流れるシーンでした。

このスローモーションの映像は色々な場面で流れますが、どの映像もイヌが本当に美しく愛らしく頼もしいのです!

走る姿はもちろんですが、濡れた体をブルンブルン回して水滴を飛ばす姿、上手に舌を動かし水を飲む姿、飼い主とイヌの交流の姿などなど、イヌの身体能力の素晴らしさがスローモーション映像で表現されています。

 

そして、作品全体を通してイヌの能力が紹介されていますが、私は知らない事や感心する事がたくさんありました。

例えば、イヌはどのように景色が見えるのか、何日も前の匂いまで嗅ぎ分ける嗅覚、イヌにも右利き・左利きがある事、つむじの巻き方で性格が分かることもある、どうしてイヌは吠えるのか、人間とイヌとの絆の事など。

 

この作品を観る前と観た後では、イヌに対する気持ちが大きく変わると思います。

すでにイヌを飼っている人は、愛犬を再認識し愛情がさらに深まるはずです。

これからイヌを飼う予定の人は、より絆が深くなる関係が築けるはずです。

まだイヌを飼ったことも飼う予定もない人も、道を飼い主と歩くイヌに優しい眼差しを向けるようになるはずです。

 

44分間が短く感じる秀作です。

是非ともご覧あれ❗️

『プライムビデオ』が大好きなんです!

皆さんは『プライムビデオ』をご利用していらっしゃいますか?

Amazonプライム会員に登録すると追加料金なしで『プライムビデオ』特典対象の映画やテレビ番組などが見放題というサービスです。

他にもAmazonプライム会員特典には『プライムミュージック』で100万曲以上の対象楽曲が聴き放題や、お急ぎ便・お届け日時指定便を何度使っても無料などがあります。

 

私は、『プライムビデオ』のアプリをスマートフォンタブレットに入れていますし、テレビでも視聴できるよう「AmazonFire TV」という製品をテレビに接続して楽しんでいます。

f:id:kazutatan:20190501225331j:image

使いわけとしては、外出先や布団の中ではスマートフォン、テーブルの上ではタブレット、ゆっくりと鑑賞したい映画や一気見したいテレビドラマやアニメ番組はテレビで観るという感じです。

 

では、私の『プライムビデオ』のお勧めポイントです。

1、プライムのオリジナル番組が面白い。

        ちょっと過激な番組から、安心して子供に見せられる番組まであり、ちょっとした掘り出し物を見つけるような感覚で楽しめます。

2、映画がとっても豊富。

        外国映画、日本映画、アニメ、子供向け映画、ドキュメンタリーなど、評判になった映画や懐かしい映画まで豊富で、タイトルを見ているだけでも時間を忘れます。

3、テレビ番組がとっても豊富。

        テレビドラマ・アニメ・お笑い・バラエティ・ドキュメンタリー・アメリカや韓国のテレビドラマなど、過去に放送された懐かしい番組や、現在放送中の番組が1週間遅れぐらいですが配信され視聴できます。

4、視聴履歴に基づくお勧め番組が面白い。

        過去に視聴した履歴をもとにプライムが提案してくれる作品が出てくるのですが、それらを見て「なるほどなぁ」と思ったり、「へぇ〜、この作品を勧めるのかぁ」と思ったり、新しい番組を開拓するたびにお勧め作品も変化するので、それを見るのも楽しいです。

 

他にもお勧めポイントはたくさんありますが、私のお勧め番組と合わせて次回に紹介させて頂きます。

 

それから、ついでに言うと『プライムミュージック』も私は大好きで、たった今現在も、自宅テレビを利用し「カフェ・ジャズボッサ」というアルバムを視聴中で、軽めのジャズを流しながら、まるで狭い階段を下りた地下にあるジャズ喫茶にいる気分になりながらキーボードを叩いています。

 

渋谷『flying tiger Copenhagen』で良いモノ見っけ‼︎

渋谷マークシティイーストモール1階に、オシャレでリーズナブルな雑貨屋さんがあるのをご存知ですか?

 

その店の名は、『flying tiger Copenhagen』といいます。

北欧デンマークコペンハーゲン発祥の雑貨屋で、種類豊富な雑貨がワクワクと気分が上がる配置で並んでいて、その一つ一つがカラフルでユーモアがあり、とにかく可愛いものばかりです。

ですから、このアイテムを家に持ち帰ったら何処に置こう・どう使おうと、自然と妄想してしまい楽しくなります。

店内のお客さんを眺めると、相談しながらのカップルや年配の奥様たち、外国から来た旅行者らしき家族、もちろんお一人でゆっくりとアイテムを探している男性や女性もたくさんいます。

店のスタッフに声をかけて品物の説明を求めている人もいましたが、スタッフの対応も丁寧で好感が持てました。

 

さて、今回、私が見つけたのがはカラフルなテニスボールです。

実は以前から健康グッズ目的で欲しかったのですが、テニスをしない私にとって、テニスボールを手に入れるというのはハードルが高かったのです。

ところが、なんと、この店に燦然と輝くように並んでいました。

f:id:kazutatan:20190428141812j:image

(すでにパッケージは取ってあります。他にもピンク系3色セットあり。)

 

このテニスボールをどのように使うかというと、マッサージです。

仕事で立ったり座ったりしている間に身体の背面が凝っていて疲れが溜まってしまいます。

その疲れをほぐすのにテニスボールが欲しかったのです。

 

はい、では、テニスボールを健康グッズにする方法です。

使わなくなったストッキングやハイソックスの中にテニスボールを入れて結ぶ。

それだけです。

f:id:kazutatan:20190428145327j:image

これで、コロコロとボールが転がってあっちこっちにいってしまうのが防げます。

 

次に使用方法です。

1、このアイテムを床に置き、立ったままか椅子に腰掛けながら足の裏をゴロゴロとほぐします。(足の血行が良くなり疲れと冷えが解消)

2、床に仰向けになり脹ら脛・両腿・臀部・腰・背骨の両脇・肩甲骨の間など、好きな場所にボールを当てグラグラと身体を動かして凝りをほぐす。(特に両腿・臀部の凝り、つまりお尻中心の凝りの解消は身体全体を整える為にも大事)

 

テニスボールは柔らかすぎず固すぎずの絶妙な弾力で、想像以上のマッサージ効果が体験でき、疲れた身体がスッキリします。

とても簡単ですので、是非、お試し頂きたいです。

 

おまけ。

3個セットの残りの1個も使ってみました。

f:id:kazutatan:20190428152454j:image