花とネット動画大好き❗️ kazutatanの雑記ブログ

花と映画.漫画.アニメが大好き! (いいな❗️)を思いのままに書いてます。

映画『名探偵ピカチュウ』、なんだかんだ言って面白かった!

先日、私が大好きな原作アニメ実写化の『キングダム』を観に行き映画が始まるのをワクワクしながら待っていた際、突然予告なしに画面に現れた『名探偵ピカチュウ』の予告編映像❗️

 

なんじゃこりゃ⁉️

ちょっとやめてよ〜❗️

ピカチュウの愛らしいイメージが壊れる〜!と私の脳内は衝撃の嵐。

 

だって、ピカチュウは「ピッカピカ〜。ピカピカ〜。」とか言って、健気に可愛く活躍するキャラですよね。

それが、薄汚れた体で眉根を寄せてカメラ目線で威嚇しながらオッサンの声を出している!

もう衝撃というより恐怖で、「この映画はぜったいに観ないわ!」「ぜったいに、ありえないわ!」と強く思いました。

 

しかし時間とともに、怖いもの見たさの感情がムクムク。

で、行ってきました。観に行きました!

f:id:kazutatan:20190512113149j:image

 

結論からいいます。

面白かった!楽しめました‼️

映画に登場するポケモンが全て実際にいるようで、とにかく見事なんです!

 

アニメーションや漫画やイラストなどでは表せなかったポケモンのフワフワの毛並みやツルツルやカチカチの皮膚の質感のリアル。本当はこういうものだったのか!と思う。

実際にポケモンに向けてモンスターボールを投げる感じのリアル。ボールにポケモンが収まるかどうか待つ時間ってドキドキだよね!と思う。

ポケモンが進化する時って、本当に綺麗だなぁと感心する。

フシギダネが、コダックが、ベロリンガが、リザードンが、ピジョンが、ガーディが、バリヤードが、いろいろなポケモンが登場するたびに、いちいち「フフフっ」って笑みがでてしまう。

私が今まで認識しているポケモンの全てのイメージを裏切らないフォルムと動きと性格で、想像以上に違和感がなく本当に楽しかったです。

実生活に普通にポケモンが存在し人間と共存している世界が、本当にどこかにありそうで、CGを駆使して作り上げられた映画だと分かっているのに、とてもワクワクさせられました。

 

そして、映画館には圧倒的に小さな子供を連れた家族連れが多かったけど、この映画は小さな子供向けではなく、大人向けの作品だと思いました。

私の前の席にも小さな子供達が並んでましたが、ストーリー部分で飽きてしまっている様子でした。

今、「Pokémon GO」で『名探偵ピカチュウ』とコラボしたイベントが始まってますが、まさに「Pokémon Go」のファン層が大喜びする映画ですね。

 

最後になりましたが、『キングダム』の予告編で「ちょっとやめてよ〜!」と思った主人公のピカチュウですが、相棒の青年とだけ言葉を交わす事ができるという設定の〈立派な演技者・俳優〉でした!

映画の見始めの最初は「可愛くな〜い」と違和感があったのですが、映画を観終わる最後には、愛らしくて可愛くて頼もしくて、私もピカチュウの相棒が欲しくなりました!

 

まだ『名探偵ピカチュウ』をご覧になっていないポケモンをご存知の方々。

是非、映画館の大画面でご覧あれ‼️